誰でも必ず成功する減量法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイエットの法則

痩せよう!ダイエットしたい!
と思ってもなかなか実行できないのが減量。。。
そこで、ついつい「飲めば痩せる!」「10日で5kg!」などという謳い文句に乗ってしまいがち。
しかし、残念ながらダイエットに「これをすれば誰でも痩せる!」という王道は存在しない。
ダイエットの法則は、実に単純だ。
消費カロリーより摂取カロリーを減らす。
つまり、「よく体を動かして、腹七分目に食べる」ことが大原則なのである。

太っているにはワケがある

厳しいようだが、太っているのには必ず原因がある。
減量は、まず生活習慣の見直しから始まる。
日々の生活の中にある問題点に目を向けよう。
・年齢
・カロリー
・食べ方
・生活スタイル
・お酒やお菓子
・外食
・付き合い、冠婚葬祭、旅行
・体質や遺伝
・運動不足
肥満は、これらの原因が複合して起こる。

食事チェックリスト

○が10個以上ついた人はかなり太りやすいと言える。要注意を!
1.出されたものは、必ず残さずに食べる。
2.食事をしながらテレビや携帯を見たり、新聞を読んだりする。
3.どちらかというと早食いだ。
4.1日2食になっている。
5.イライラすると食べてしまうことがある。
6.頂き物は、食べないと申し訳ない。
7.夜型人間である。
8.食事が不規則になりやすい。
9.夕食を食べるのが21時以降になることが多い。
10.付き合いでお酒を飲む機会が週2回以上ある。
11.甘いものがやめられない。
12.野菜不足になっていると思う。
13.ご飯は、ごく軽く一杯しか食べない。
14.1週間に3回以上、フライや揚げ物を食べる。
151日1回以上外食をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  2. 「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  3. 産業医選任の届出には何が必要?

  4. 労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  5. ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る