最高裁で初。「みなし労働時間制」不当との判断

c7f7aba6a5c40abc86ac6302906d72d4_m

最高裁で初。「みなし労働時間制」不当との判断

労働時間の算定が困難な場合に、所定の時間を働いたことにする「みなし労働時間制」の適用可否について最高裁が初めて判断を下した。

大阪の添乗員派遣会社に登録していた女性添乗員が、未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の上告審判決で、1月24日、最高裁は添乗員側の主張を認め、会社側の上告を棄却。約31万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決が確定した。

今回のポイント

・日程や業務内容はあらかじめ具体的に確定している
・携帯電話を持たせてツアー中も報告を求め、
終了後に業務日報を提出させている

上記2点。

労働基準法が規定している『労働時間を算定しがたいとき』には該当しないという結論となった。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  2. 080301

    派遣労働者の健康診断 良くある質問集

  3. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  4. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  5. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

一目置かれる健康知識

  1. kahun
  2. 1215-suiminbusoku1221
  3. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. mashin
ページ上部へ戻る