最高裁で初。「みなし労働時間制」不当との判断

c7f7aba6a5c40abc86ac6302906d72d4_m

最高裁で初。「みなし労働時間制」不当との判断

労働時間の算定が困難な場合に、所定の時間を働いたことにする「みなし労働時間制」の適用可否について最高裁が初めて判断を下した。

大阪の添乗員派遣会社に登録していた女性添乗員が、未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の上告審判決で、1月24日、最高裁は添乗員側の主張を認め、会社側の上告を棄却。約31万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決が確定した。

今回のポイント

・日程や業務内容はあらかじめ具体的に確定している
・携帯電話を持たせてツアー中も報告を求め、
終了後に業務日報を提出させている

上記2点。

労働基準法が規定している『労働時間を算定しがたいとき』には該当しないという結論となった。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  2. ihou

    職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

  3. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  4. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. kusuri
  3. 170328
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. 180427_hashika
  6. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  7. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
ページ上部へ戻る