乳製品について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何気なく口にしている牛乳やヨーグルトなどの乳製品。

乳製品の表示については、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」で定められている。

この規約に基づき、正しい表示がされている飲用乳には「公正」というマークがついている。
このマークがついていれば、公正競争規約にもとづいて正しく製造され、商品の中身について正しい表示がなされていることがわかる。

では、具体的にどのような分類になっているのか。

乳製品の分類

◎成分無調整牛乳

生乳を加熱殺菌したもの。水や添加物を混ぜる、成分を除去することは禁じられている。無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上と規定されている。
市販されている牛乳は無脂乳固形分8.3%以上、乳脂肪分3.5%以上がほとんど。

「牛乳」という言葉は、この成分無調整牛乳をイメージして使うことが多いのではないでしょうか。

◎成分調整牛乳

生乳から水分、乳脂肪分、無脂乳固形分等の一部を除去し、成分を調整したもの。

◎低脂肪牛乳

生乳から乳脂肪分を除去し、乳脂肪分を0.5%以上1.5%以下にしたもの。
エネルギーを除き、他の成分は牛乳と変わらない。

◎無脂肪牛乳

生乳からほとんどの乳脂肪分を除去して0.5%未満にしたもの。他の成分は牛乳と変わらない。

◎加工乳

生乳を主原料にして、脱脂乳、脱脂粉乳、濃縮乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたもの。
低脂肪タイプ…乳脂肪分1.0~1.5%のものが多く、牛乳に比べて低エネルギーですが脱脂粉乳などを加えてあるので、たんぱく質やカルシウムは多くなっている。
濃厚タイプ…濃縮乳、クリーム、バターなどを加え、乳成分を牛乳より濃厚にしたもの。

◎乳飲料

乳固形分(牛乳中の水分を除いた成分)が3.0%以上のもの。
栄養強化タイプ(ミネラル、ビタミンなどを加えたもの)、嗜好タイプ(コーヒー、果汁、甘味などを加えたもの)、乳糖分解タイプ(牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人のために、原因となる乳糖を酵素で分解したもの)がある。
「加工乳」および「乳飲料」以外は、原材料は生乳(牛から搾ったままの殺菌していない乳)のみである。
成分規格は、「乳飲料」を除いて、無脂乳固形分を8.0%以上含有していることとなっている。

このように、細かく分類されている。

乳製品を手に取った際は是非、裏の表示を見てみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る