休養室にも設置義務があります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「休養室」をご存知ですか

「休養室」は急に具合が悪くなった場合や、救急車を呼ぶまでの間に休ませる際などに、使用する場所です。
また、似たような言葉で「休憩室」も存在します。
「休憩室」は、椅子・テーブル等の休憩する設備を備えた場所のこと。
「休養室」と「休憩室」、この2つは同じ場所のような印象を受けてしまいますが、それぞれ労働安全衛生法にかかる規則によって、必要性の違いが明記されています。
規則はそれぞれ、労働安全衛生法を実施するために定められたもので、具体的には、「労働安全衛生規則」と「事務所衛生基準規則」にて規定されたものです。

それぞれの概要

休養室と休憩室は具体的にどのように違うのでしょうか。
それぞれ、労働安全衛生規則を見ていきましょう。
まずは「休養室」についてです。

<休養室> 労働安全衛生規則 第618条
事業者は、常時五十人以上又は常時女性三十人以上の労働者を使用するときは、労働者が床することのできる休養室又は休養所を、男性用と女性用に区別して設けなければならない。

わかりやすく説明すると、「従業員数が50人以上」と「女性従業員数30人以上」のどちらかを満たす場合は、「休養室」または「休憩室」を、「男女別」に設置しなくてはいけないということです。
一方、「休憩室」については以下のように定めが置かれています。

<休憩室> 労働安全衛生規則 第613条
事業者は、労働者が有効に利用することができる休憩の設備を設けるように努めなければならない。

「休養室」と「休憩室」の大きな違い

「休養室」と「休憩室」の大きな違いは、「休養室」が義務であることに対し、「休憩室」は努力義務となる点です。
「休養室」を設置しないことは、労働安全衛生規則に違反していることになります。
実際に、急病者が出てそれが悪化した場合、「休養室」がなかったことで、企業側に問題があったとされるケースもあるようです。
このようなリスクを避けるためにも、規則で定められている通り、「休養室」を設置し、万が一、従業員が倒れた際などにすぐに対応できるような状態を整えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長谷川 隼人

長谷川 隼人株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

産業保健分野に関する情報を素早く正確にお伝えできるよう、頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る