企業で用意すべきノロウィルス対策7つ道具

EQ026_L

浜松市の小学校での給食パンによるノロウイルスの集団食中毒から、
改めてノロウィルス対策について見直している企業の方も多いのではないでしょうか?

そんな衛生管理者の方々に向けて、
今回は企業に常備すべきノロウィルス対策の7つ道具をお伝えいたします。

①ペーパータオル

トイレに布製のタオルを設置していませんか?
手からタオルに移ったウィルスは、次に手を拭いた人の手に付着し、感染の元となる可能性があります。
可能な限り使い捨てのペーパータオルを使用することをお勧めします。
また、オフィス内の消毒を行う場合にも、ペーパータオルは大変有効です。

②次亜塩素酸ナトリウム消毒薬

塩素系漂白剤水に薄めることで作ることが出来ます。

・便や嘔吐物が付着した床や衣類、トイレなどの消毒をする場合
⇒500mlのペットボトルにペットボトルキャップ2杯の塩素系漂白剤

・受話器やキーボード等、直接手で触れる部分などの消毒をする場合
⇒2Lのペットボトルにペットボトルキャップ2杯の塩素系漂白剤

また、消毒薬は暗所で補完してください。時間が経てば経つほど
効果は薄れていきますので、定期的に新しいものと交換しましょう。

③マスク
④メガネやゴーグル
⑤ゴム手袋

この3つは吐瀉物処理等を行う際の正式ユニフォームです。
必ず身に着けることを徹底しましょう。飛沫したウィルスからの二次感染を防ぐ目的です。
また処理を行う場合には必ず2カ所以上窓を開けるなど、十分な換気を心がけてください。

⑥吐瀉物凝固材

感染者の吐瀉物等を凝固させ、飛沫を防ぐことが出来る薬剤です。
非常用トイレの凝固消臭除菌剤としても活用できるので、非常事態にも役に立ちます。
普段から吐瀉物等の処理になれていない人でも掃除しやすくなる為、大変便利です。
また吐瀉物や消毒に使ったペーパータオル等は、ビニール袋の口をきっちり閉めて
捨てるように心がけてください。

⑦ペットシーツ

オフィスの場合床が絨毯等のケースもあるかと思います。
消毒薬で消毒を試みたものの、毛の根元までしみこんでしまったウィルスを消毒することは
絨毯を痛めるだけでなく、消毒しきることが難しいのが現状です。。
そんなときに役立つのがペットシーツです。

ペットシーツを消毒したい部分の上に、給水面を上にして置きます。
給水面に沸騰したお湯をあふれる寸前まで注ぎ、それを覆うように上からビニールをかけます。
その状態で3~5分程度放置します。終わったらビニール袋に入れて全て捨ててしまいます。
こうすることで熱が逃げることなく対象に伝わり、煮沸消毒と同じ効果を与えることが出来ます。

以上7つ道具があるからといって、完全に対策をとることが出来るわけではありません。
社員のノロウィルスにまつわる知識と、手洗いうがいの徹底等がもっとも大切です。

佐々木 泉

佐々木 泉株式会社ドクタートラスト 経営企画部 広報課

投稿者プロフィール

企業の健康を考えるこの会社で、
皆様が心身共に元気に過ごせる日常をサポートいたします。
少しでも、皆さんの力になれたらうれしいです。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  2. 9e78a28996f81959d3bb63126d735f02_m

    受診勧奨ってどうするの?

  3. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  4. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  5. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

一目置かれる健康知識

  1. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  2. 180427_hashika
  3. jiritu
  4. 0119-kahunsyou
  5. kusuri
  6. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  7. mashin
ページ上部へ戻る