好きな野菜ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月31日は野菜の日

野菜の日は、食料品流通改善協会など9団体の関係組合が、野菜の栄養価やおいしさを見直してもらうため、1983年に制定した記念日である。

さて、普段どんな野菜がどのくらい食べられているのだろうか。

このほど、日本最大級の料理ブログポータルサイト「レシピブログ」にて、10~60代の男女600名を対象とした、「野菜」に関するアンケートが行われた。
トレンド総研と共同で行われたこの調査では、まず、気になる野菜の摂取状況について以下の回答が出されている。

はじめに、「野菜を食べる頻度」について聞いたところ、もっとも多かった回答は「1日2食程度」で38%であった。
以下、「1日1食程度」(36%)、「1日3食以上」(16%)と続き、多くの人が毎日野菜を摂取していることがうかがえる。

また、「もっと野菜をたくさん食べたいと思いますか?」という質問に対しては、86%の人が「そう思う」と回答。
毎日の摂取に加え、野菜をより積極的にとりいれたいという意向を持っている人が大半のようだ。

好きな野菜 1位は「トマト」

もっとも高い人気を獲得したのはトマトで、その差は、2位以下の野菜を大きく引き離してのトップとなった。
しかも、今回の調査対象である、10~60代の全年代で1位となっており、世代を超えて好まれる野菜といえるだろう。

トマトの食べ方を挙げてもらうと、「そのまま食べる」が88%と多かったが、「調味料をかける」(68%)、「トッピング(飾り付け)に使う」(46%)、「煮込み料理の具材にする」(43%)、「スープなどのベースに使う」(35%)など、実に様々な回答が寄せられた。

このように、具材の一つとして活用する以外にも、調味料がわりやトッピングとしても使え、どんな食材とも相性がよいところが、人気の理由ではないだろうか。

ほか、気になる野菜のランキングはこちら。

<もっとも好きな野菜は何ですか?>(単一回答)
1位:トマト(119人)
2位:じゃがいも(55人)
3位:たまねぎ(54人)
4位:キャベツ(38人)
5位:なす(30人)
6位:きゅうり(25人)
7位:カボチャ(23人)
8位:さつまいも(21人)
9位:アスパラガス(19人)
10位:レタス(18人)

[調査概要]
・調査期間:2014年8月13日~8月14日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:10~60代 男女600名
・調査機関:トレンド総研

8月31日野菜の日、いつもよりも意識して、食事の中に野菜をとりいれてみてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  2. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  3. 休養室にも設置義務があります!

  4. 衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  5. 業務委託契約の安全配慮義務

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る