スイカって実はスゴイ!

スイカって

朝食は忙しくて食べられない、または、あまり食欲がないと食べていない方も多いのではないだろうか?

そんな方に、朝スイカを食べてほしい。
スイカは特に夏バテ気味の方に試してもらいたい。90%が水分なので、寝起きの身体を潤してくれるだろう。

また、最近スイカが見直されているはご存知だろうか?

スイカの効果

美肌・むくみの改善・熱中症対策に効果が高いといわれている。

【美肌】
スイカには、新陳代謝を促し肌の健康を保つ「ビタミンA」や美肌を損なう活性酸素を除去する「リコピン」が豊富に含まれている。なんとトマトより40%も多い。さらに、シミやシワの予防に効果のある「ビタミンC」も豊富。

【むくみの改善】
血流を改善してくれるシトルリンやカリウムが豊富なため、身体に溜まった水分や老廃物を排出してくれる効果があり、むくみの改善が期待できる。

【熱中症対策】
スイカに少量の食塩をかけると、甘みがますだけでなく、熱中症予防にもなる。
スイカは90%が水分、糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、少量の食塩をかけることでスポーツドリンクと同じ効果が得られる。

夏にピッタリ スイカミルク

【材料】
スイカ・・・150g(皮をのぞく)
牛乳・・・60cc
はちみつ・・・小さじ1

【作り方】
①スイカは種を除き、適当な大きさにカットする。
②すべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまでまぜる。

果物の上手な食べ方

同じ果物なのに朝と夜食べるのでは、効果がこんなに違ってくる。

果物の糖は吸収が速いので、素早くエネルギーにかわる。このため、糖質を必要としている朝の身体を目覚めさせる最適な食品ある。
また、食物繊維や水分も豊富なので、排便リズムも整いやすく便秘気味の方にもお勧めしたい。
一方、夕食後や夜食に果物を食べると、血糖値の上昇、中性脂肪を増やす原因になってしまう。

◆運動時や屋外での活動
果物には水分がたっぷり含まれているほか、汗で失われるカリウムや紫外線から守るビタミンCも豊富なので屋外で働く人や運動前後の栄養補給に最適である。

◆旬の果物を1日1個とろう
旬の果物は栄養価が高く、その季節の身体に適した栄養素がたっぷり含まれている。
ただ、果物はエネルギーが高めなので、食べすぎには注意が必要。

旬の果物を生活に上手にとりいれてみてはいかがだろうか。

鈴木 くるみ

鈴木 くるみ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の鈴木です。
気になる健康情報をお届けしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ihou

    職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

  2. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  3. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  4. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  5. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

一目置かれる健康知識

  1. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  2. 0119-kahunsyou
  3. tabajo-675x400
  4. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. 1215-suiminbusoku1221
  7. mashin
ページ上部へ戻る