感染症法について

a1180_006016_m

西アフリカにおいてのエボラ出血熱の流行が報道されているが、日本においては感染症に対し、どのような対策をとっているのであろうか。

感染症法

1999年4月1日 感染症法(「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」)が施行された。

病原体の感染力、症状の重さやなどから、感染症を一類から五類の感染症などに分類している。

一類感染症 感染力、また、罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみて危険性が極めて高い感染症

二類感染症 感染力、また、罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみて危険性が高い感染症

三類感染症 感染力、また、罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみて危険性は高くないものの、
特定の職業に就業することにより感染症の集団発生を起こしうる感染症

四類感染症 人から人への感染はほとんどないが、動物、飲食物などの物件を介して人に感染し、
国民の健康に影響を与えるおそれのある感染症

五類感染症 国が感染症発生動向調査を行い、その結果に基づき必要な情報を国民や医療関係者などに
提供・公開していくことによって、発生・拡大を防止すべき感染症

エボラ出血熱は一類感染症に分類されている。

全数把握感染症と定点把握感染症

これらの感染症は、さらに全数把握感染症と定点把握感染症に区別されている。

全数把握疾患感染症

すべての医療機関は、一類感染症、二類感染症、三類感染症及び四類感染症の患者を診察した場合や、
五類感染症のうち法律で定められたもの(全数把握感染症)に該当する患者を診断した場合は、
最寄りの保健所に届け出ることと定めている。

定点把握疾患感染症

各地域の人口の割合に応じて指定された定点(指定届出医療機関)から定点把握感染症の患者を診断した場合は、
毎週(または毎月)、週単位(または月単位)で当該患者数を保健所に届け出ることが定められており、
地域の感染症の流行状況が迅速に把握出来る体制になっている。

厚生労働省検疫所

また、厚生労働省検疫所HPにおいては、感染症に関する情報が公開されている。
海外渡航予定のある方は内容を確認して下さい。

http://www.forth.go.jp/

 

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。某企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  2. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  3. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  4. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. 疲れ目のサイン
  2. nyuugann
  3. jiritu
  4. 落ち込むビジネスマン
  5. 171121
  6. tabajo-675x400
  7. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
ページ上部へ戻る