健康診断結果報告書の様式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

年に1度、労働基準監督署(労基署)へ提出義務のある健康診断結果報告書ですが、
様々な報告書様式があることは、皆さんご存知でしょうか?

一般健康診断の結果報告用の定期健康診断結果報告書のほか、
特殊健康診断の報告に関しては、それぞれの種類に併せた報告書様式があります。
その種類は下記の通り。

・定期健康診断結果報告書様式

・特定化学物質健康診断結果報告書様式

・有機溶剤等健康診断結果報告書様式

・鉛健康診断結果報告書様式

・四アルキル鉛健康診断結果報告書様式

・高気圧業務健康診断結果報告書様式

・電離放射線健康診断結果報告書様式

・除染等電離放射線健康診断結果報告書様式

・石綿健康診断結果報告書様式

・じん肺健康管理実施状況報告様式

・指導勧奨による特殊健康診断結果報告書様式


それぞれの健康診断にあわせて、その様式で提出しなければなりません!!

尚、各種報告書は厚生労働省HPよりダウンロードできます↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei36/18.html

深夜業務などの特定業務(労働安全衛生規則第13条第1項第2号)は、
6ヶ月に1回、年に2回の健康診断実施義務があり、その報告も行いますが、
その際は、定期健康診断結果報告書の中に、特定業務に従事する労働者数を記入する欄があるので、そちらに人数を記入し、提出してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
宇田川 太郎

宇田川 太郎株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

働く人の為になる情報をわかりやすく提供致します。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 業務委託契約の安全配慮義務

  2. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  3. 衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  4. 脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  5. 労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る