有機溶剤の正しい使い方

3cf53f5efdb9d8b06b158407fa149361_l

有機溶剤とは

有機溶剤とは、他の物質を溶かす性質を持つ有機化合物の総称であり、様々な職場で、溶剤として塗装、洗浄、印刷等の作業に幅広く使用されている。
有機溶剤は常温では液体だが、一般に揮発性が高いため、蒸気となって作業者の呼吸を通じて体内に吸収されやすく、また、油脂に溶ける性質があることから皮膚からも吸収される。

有機溶剤等健康診断

有機溶剤業務に常時従事する労働者に対して、雇入れの際、または当該業務への配置換えの際およびその後6月以内ごとに1回(年2回)、定期に必須項目について健康診断を実施する必要がある。
※必須項目については、下部のリンク先をご参照ください。

作業環境測定を行うべき作業場

有機溶剤等を使用する屋内の作業場等では、定期的な作業環境測定が必要となる。

 ●(1)粉じんを著しく発散する屋内作業場(6月以内ごとに1回)【7年間】
  (2)暑熱寒冷または多湿の屋内作業所(半月以内ごとに1回)【3年間】
  (3)著しい騒音を発する屋内作業場(6月以内ごとに1回【3年間】
  (4)坑内作業場(1月以内or半月以内ごとに1回)【3年間】
  (5)中央管理の空調設備下の事務所(2月以内ごとに1回)【3年間】
 ●(6)放射線業務「放射性物質取扱室」(1月以内ごとに1回)【5年間】
 ●(7)特定化学物質を製造または取り扱う作業場(6月以内ごとに1回)
        【3年間(特定物質については30年間】※石綿取扱い施設は40年間
 ●(8)一定の鉛業務を行う作業場(1月以内ごとに1回)【3年間】
  (9)酸素欠乏危険場所の該当作業場(作業開始前等ごと)【3年間】
 ●(10)有機溶剤を製造または取り扱う作業場(6月以内ごとに1回)【3年間】

※(●印は作業環境測定士による測定が義務)
※【】は、測定記録の保存年数(詳しくは所管労働基準監督署へお問合せください)

対象となる屋内作業場等では、定期的な作業環境測定が必要となり、環境測定結果に基づいて施設、設備、作業工程および作業方法等の点検が必要となる。また、作業環境測定の結果および結果の評価の記録は保管義務がある(記録は30年間保存することが望ましい)。
労働基準監督署への届出は、特に必要ないが、立入り調査の際は、すぐに提出できる体制を整えておく必要がある。
作業環境測定を行える機関については、各都道府県の労働局にて一覧表が公開されている為、そちらで確認していただきたい。

有機溶剤業務に常時従事する労働者は、有害因子と接する機会が一般労働者と比べものにならないくらい多く、
企業としてはしっかりと健康管理をする必要がある。必要に応じて、大規模な設備投資が必要になる場合もあるが、それを怠ると労働者の健康も危険にさらされる事になる為、十分な対応が必要となる。
従業員の健康を守ることは、企業を守り、より成長していくことの第一歩として肝に銘じていただきたい。

◆参考リーフレット◆
有機溶剤の正しい使い方

藤原 実

藤原 実株式会社ドクタートラスト 大阪支店

投稿者プロフィール

難しいことはより簡単に。ややこしいことはより分かり易く。
産業保健についてより身近に感じていただけるよう、肩の力を抜いて情報をお届けしたいと思います!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  3. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  4. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  5. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

一目置かれる健康知識

  1. 180427_hashika
  2. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  3. tabajo-675x400
  4. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  5. 170328
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
ページ上部へ戻る