ゴーヤについて

ゴーヤ

そろそろゴーヤが出回る季節になってきましたね。
ゴーヤは、初夏が旬と言われてる。

ゴーヤといえば、苦瓜と言う名からもわかるように、強い苦みがある。
この苦みは、モモルデシンとチャランシンいう成分によるもの。

モモデルシンには、食欲増進、胃腸の粘膜を保護などの効果、
血糖値や血圧、コレステロール低下作用
があると言われている。

また、チャランシンにも血糖値を正常化させる作用がある。

そして、ゴーヤにはビタミンCも多く含まれている。
ビタミンCは熱に弱いが・・・
ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いので、加熱して食べても壊れない。

嬉しい効果がたくさんあるゴーヤ、しかし、

特有の苦み・・・
美味しい方と、苦みで敬遠しがちな方がいるのではないか?

苦みを軽減させる下ごしらえの方法

①ゴーヤの種とワタをスプーンを使ってしっかりとる。

②なるべく薄くスライスする。

③塩を振り、そのまましばらく置いておく。

④しばらく置くと緑色の水が出てくるので、その水をきり、熱湯で下茹でをする。

以上の方法で、苦みが軽減する。
お試し下さい。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  2. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  3. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

  5. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

一目置かれる健康知識

  1. 180427_hashika
  2. kahun
  3. mashin
  4. 0119-kahunsyou
  5. 170328
  6. kusuri
  7. 1215-suiminbusoku1221
ページ上部へ戻る