ネットでの医薬品販売~改正薬事法が施行~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

一般用医薬品(市販薬)が、ネットで購入可能に

2014年6月12日から、改正薬事法の施行により一般用医薬品がインターネットで購入できるようになりました。
一般用医薬品には、副作用などのリスクの高い順に「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の3つの分類があります。
これまでは、リスクの低い第三類医薬品はコンビニ、インターネットで販売されていましたが、今回の改正以降、一類・二類を含むすべてが購入可能となったのです。
ただし、特に注意が必要な一部の医薬品については、「要指導医薬品」という新たな区分に位置づけ、対面販売に限定しています。

<平成26年6月12日以降の販売方法>
改正薬事法2

(出典:政府公報オンライン)

 利便性とリスク

働く皆さまにとっては、仕事の合間でも購入可能となり、便利と感じる方も多いでしょう。
しかし一方、医薬品の不適切利用や、症状に適した医薬品をきちんと選択できるか、といったところでは、消費者の責任が問われてくるところです。
また、今回のネット販売解禁にあたり、医薬品の販売許可を得ていない違法なサイトや、国内では認可のおりていない医薬品を販売するサイトも出ているようです。
購入にあたっては、その販売サイトが以下の条件をクリアしているかどうか、事前に確認してください。

<販売サイトのここをチェック>
・店舗の正式名称や住所が掲載されているか
・店舗の開設者や管轄自治体など、許可証の内容が掲載されているか
・相談用の連絡先が掲載されているか
・実際の店舗の写真が掲載されているか
・勤務中の薬剤師などの氏名が掲載されているか
・医薬品の写真、使用期限が掲載されているか

改正薬事法3
(出典:政府公報オンライン)

あわせて、各自治体から厚生労働省に報告されている、こちらの一覧も参考にしてください。

▼一般用医薬品の販売サイト(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/hanbailist/index.html

価格の安さや効果を強調する広告に惑わされず、安全な医薬品を選択し、安心できる販売サイトから購入するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る