カテゴリー:雑学

  • a0002_007512_m

    ヘルパンギーナ

    毎年6月頃から流行り始めるヘルパンギーナ。 昨年は、7月頃に都の警報基準を超え、大流行となった。 子どもの感染症としては、かなり有名であるが、大人もかかる可能性は十分にある。 オフィスで大流行することはあまりないが…
  • makigata650_330

    危険な巻き肩

    「巻き肩」をご存じだろうか。 巻き肩とは ・・・イラストのように、 パソコンやスマホを長時間扱っている方に多く、 肩が前に出て、さらに内側にねじれた状態のことを言う。 巻き肩の危険性 巻き肩が危険なのは、肩周…
  • water_00001

    水中毒~水分の過剰摂取~

    日に日に暖かくなり、日中は夏のような日差しが舞い込む日もある。 これからの時期、熱中症対策として水分補給が重要と言われやすいが 水分の摂りすぎも死に至る可能性があり、とても危険なのである。 水中毒とは 過剰の水分…
  • a0001_017040_m

    熱中症にご注意を

    真夏に多いと思われがちだが ここ数日、急な気温上昇が見られる。 また、連休ということでレジャーの機会も増えるのではないだろうか。 まだまだ先の話と油断せずに、熱中症に注意をしていただきたい。 ここ数年の統計に…
  • a0002_007510_m

    アレルギーについて

    そろそろ花粉症の症状が落ち着いて来る頃、人によっては、風の強い日などはまだ警戒が必要であろうか。 今年は花粉の飛散量が多く、大変な思いをした人も多いのではないだろうか。 今回は、花粉症もそのひとつに分類されるアレルギ…
  • 3b69326854599a2cd487a9c643debd13_m

    風邪を引いたら風邪薬という思い込み

    医者が飲まない「風邪薬」 突然だが、医師や薬剤師など医療関係者が、自ら飲まない薬は何か、ご存知だろうか。正解は「風邪薬」である。 保健師である自分自身を振り返ってみても、総合感冒薬を購入することは滅多にない。発熱や頭…
  • 081901

    とりあえずコーヒー!の良し悪し

    食後や、仕事の休憩中に「とりあえずコーヒー!」という人は多いのではないだろうか。 飲みすぎは胃の粘膜を傷付けたり、身体を冷やしてしまう作用もあるが 意外と知られていないメリットをご紹介しよう。 ◆運動前のコーヒ…
  • a0002_001088_m

    知っていますか?AEDの設置場所

    何処にあるのか? AED、使い方には自信がない人も、名前は聞いたことあるだろう。 最近はニュースを見ていても、マラソンなどのスポーツイベントで実際に使用された ケースなどが流れる。 実際に使用した事はないが、…
  • 杉花粉

    花粉症〜病院に行く?市販薬を買う?〜

    スギ花粉は去年の2〜3倍の地域も ようやく暖かく過ごしやすい季節になってきたが、春の訪れとともに気になるのが花粉。今年のスギ花粉飛散量は九州・四国地方で前年の半分程度とされるものの、関東・北陸・東北地方では前年の2〜3…
  • a1180_003665_m

    殺菌、消毒、除菌、滅菌の意味

    感染症の流行時期になると、ウェットティッシュや手指消毒剤など様々な商品で、 これらの言葉を目にするであろう。 似たような言葉であるが、それぞれ意味には大きな違いがある。 殺菌 文字通り、菌を殺す、死滅させる。…
  • 062623

    二日酔いと脱水

    歓送迎会の季節となり、3月4月は飲み会続きという方も多いだろう。お酒は楽しく飲むことができれば良いのだが、つい飲み過ぎて二日酔いになることもある。楽しかったお酒を次の日に持ち越さないためにはどうしたらいいだろうか? 二…
  • Father and son playing on the beach

    幸せホルモン  オキシトシン

    人がマッサージを受けたり、好きな人と触れ合ったりすると 脳から分泌されるオキシトシン。 「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」と言われ、 人間関係を円滑にし、他人への信頼を高める能力がある。 以前は、女性に特…
  • 花粉or風邪

    そのくしゃみ、花粉症?それとも風邪??

    マスク姿の人がぐっと増えるこの時期。どうもくしゃみが止まらない。鼻水も出るし体がだるい。 もしかして花粉症?いやいや、急な冷え込みにやられて風邪をひいた? そんなあなたのくしゃみ、どちらの症状なのか見分け方をお伝えした…
  • a0960_005506_m

    花粉症の治療について

    日本人の4人に1人が花粉症と言われている。 国民病と表現しても過言ではないだろう。 抗アレルギー剤の内服が主流の治療法となっているが、これはあくまでも対症療法である。 昨年から(条件を満たせば)保険適用となる治療法がある…

衛生管理者の必携知識

  1. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  3. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

一目置かれる健康知識

  1. 疲れ目のサイン
  2. jiritu
  3. AdobeStock_50156371
  4. nyuugann
  5. tabajo-675x400
  6. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  7. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
ページ上部へ戻る