カテゴリー:食事

  • 062434

    冬の体調管理にビタミンC

    ビタミンCで体調管理 インフルエンザやその他の風邪が流行しはじめるこの時期、 積極的に摂りたいのがビタミンCだ。 ビタミンCと風邪の関係 ビタミンCは、水溶性と呼ばれる、水に溶けやすいビタミンだ。 人は、体…
  • 鍋料理の準備

    体を温める食材

    一気に秋から冬へ変わりそうな最近。 四季のある日本では、その季節ならではの食材がたくさんあり、季節にあった料理を楽しめるのが良いところである。 これからの季節は、寒くなり、やはり温かい食べ物で体を温めたくなるものであ…
  • 頬杖

    コレステロールは悪者?

    「コレステロール」が与えるイメージ テレビ、本、健康食品などで見かける「コレステロールを下げる○○」といったコピー。 そのイメージから、「コレステロールは体に良くないもの」、「不要なもの」という認識を持ちがちで、 …
  • 031

    乳製品について

    何気なく口にしている牛乳やヨーグルトなどの乳製品。 乳製品の表示については、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」で定められている。 この規約に基づき、正しい表示がされている飲用乳には「公正」というマークがつい…
  • SW037_L

    ささみを美味しく食べる

    肉の種類や部位によってカロリーが異なる 例えば、牛カルビと鶏のささみは 同じ100グラム当たり・・・ 牛カルビ 517キロカロリー 鶏のささみ 105キロカロリー 約400キロカロリーも異なる。 …
  • サプリー

    薬とサプリメントの飲み合わせ

    身近になったサプリメント 食事では補いきれない栄養素を摂取するのに、心強い味方になってくれるサプリメント。 忙しい現代人にとって、1日に必要な栄養素を食事で充実させることは難しいため、サプリメントでカバーしている方も…
  • bc61ab1d4d40b0443152b1faace0c577_s

    秋のヘルシー食材②(ニンジン編)

    先週は、秋の味覚きのこをご紹介しましたが、今回は第二弾ニンジン編です。 ニンジンは、緑黄色野菜の代表的な野菜です。 このニンジンにも、様々な健康効果があります。 ニンジンの魅力① カロテンで血液サラサラ…
  • 屋台ラーメン-crop

    夜食症候群

    太るだけでは済まない、負のスパイラル 国の朝食欠食者を対象にした調査で、40代男性の3人に1人(36.6%)は夕食の時間が21時以降、男性全体の約1割(10.8%)は23時以降に夕食をとるという結果が出た。 特に男性…
  • a1180_012980

    秋のヘルシー食材 (きのこ編)

    朝晩の風の冷たさに、秋の深まりを感じるようになってきました。 秋の味覚を楽しむうちに、ついつい食べ過ぎることも。 今日は、そんな秋の味覚きのこについてです。 きのこは、なかなか魅力の多い食材です。 きの…
  • yasai

    好きな野菜ランキング

    8月31日は野菜の日 野菜の日は、食料品流通改善協会など9団体の関係組合が、野菜の栄養価やおいしさを見直してもらうため、1983年に制定した記念日である。 さて、普段どんな野菜がどのくらい食べられているのだろうか…
  • FY082_L

    骨と心の健康の共通点

    少し意外なもの同士なのだが、骨と心の健康にはある共通点がある。 直接の関連があるのではないが、骨や筋肉、皮膚等の身体の重要な構成要素を作る栄養素が、心の健康にも関連がある。 その栄養素とは・・・・? ビタミ…
  • スイカって

    スイカって実はスゴイ!

    朝食は忙しくて食べられない、または、あまり食欲がないと食べていない方も多いのではないだろうか? そんな方に、朝スイカを食べてほしい。 スイカは特に夏バテ気味の方に試してもらいたい。90%が水分なので、寝起きの身体…
  • ES007_L

    本当のダイエット

    毎日暑い日が続き、そろそろ夏の疲れが出始める頃ではないだろうか。 このような時期によく見られるのが、食欲が低下し、きちんとした食事が摂れていない、冷たいものばかり口にしている、といった夏バテの諸症状だ。 夏バテで痩せ…
  • 081901

    コーヒー、何杯までならOK?

    コーヒーは好きですか? コーヒー好きな方は多いだろう。寝起きに1杯、仕事中に1杯、食後に1杯・・・コーヒーを飲む時間は、ストレス解消にも役立っているという方も多いと思う。 自分で購入するだけでなく、会議や客先でコーヒ…

衛生管理者の必携知識

  1. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  4. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. nyuugann
  2. manindensya
  3. 疲れ目のサイン
  4. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  5. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  6. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  7. jiritu
ページ上部へ戻る