カテゴリー:病状・症状

  • 0604ikeda

    梅雨鬱とオフィス湿度の関係

    いよいよ本格的な梅雨に突入し、日常生活の中で不快感を覚えることが多くなってきたのではないだろうか。 梅雨時期は季節の代わり目でもあるため、体調不良に陥りやすい時期であるが、実は5月病と並んで梅雨鬱という言葉があるほど、…
  • 9dbb541b861c36d819d06008446fa622_s

    MERS流行ー日本にいる私たちはどの様に対応する?ー

    韓国にてMERSの流行が拡大 中東にてMERSに感染し発症した一人の男性から、韓国国内で現在も感染者数が増え続けているMERS。 6月8日現在では感染者数が死者5人を含む87人になり、隔離対象が2300名超になるなど…
  • nou

    知っておきたい女性特有の脳卒中サイン

    女性と脳卒中 脳卒中というと、老人がなるもの、男性がなるもの・・・と思ってはいないだろうか。 確かに、脳卒中が起こりやすい年齢は年代と共に上昇する。特に、40代から50代になると、発症する率は急激に高まり、罹患する人…
  • a0002_004900

    りんご病に注意

    りんご病とは りんご病とは、最大の特徴として左右両方の頬に蝶型の赤みが症状として現れる病気だ。 この頬が赤みを帯びている様子がりんごの様なことから、 「りんご病」と呼ばれるが、 正式には「伝染性紅班」と呼ばれ…
  • a0002_007510_m

    アレルギーについて

    そろそろ花粉症の症状が落ち着いて来る頃、人によっては、風の強い日などはまだ警戒が必要であろうか。 今年は花粉の飛散量が多く、大変な思いをした人も多いのではないだろうか。 今回は、花粉症もそのひとつに分類されるアレルギ…
  • FR006_L

    働く世代にも認知症の危機?

    昨今の高齢化社会において大きな問題となっているのが「認知症」。介護の問題はもちろん、徘徊に伴う事故、行方不明などニュースに取り上げられることも多く、社会全体で考えていかなくてはならない問題である。認知症といえば高齢者がか…
  • 3b69326854599a2cd487a9c643debd13_m

    風邪を引いたら風邪薬という思い込み

    医者が飲まない「風邪薬」 突然だが、医師や薬剤師など医療関係者が、自ら飲まない薬は何か、ご存知だろうか。正解は「風邪薬」である。 保健師である自分自身を振り返ってみても、総合感冒薬を購入することは滅多にない。発熱や頭…
  • 0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_m

    平気でうそをつく人達

    あなたのまわりにいませんか?平気で嘘をつく人 今日は4月1日。エイプリルフールである。周りを楽しませるような小さな嘘を楽しむ人もいるのではないだろうか。 しかし、常日頃から、平気で周囲に嘘をつく人々が存在する。あなた…
  • 062623

    二日酔いと脱水

    歓送迎会の季節となり、3月4月は飲み会続きという方も多いだろう。お酒は楽しく飲むことができれば良いのだが、つい飲み過ぎて二日酔いになることもある。楽しかったお酒を次の日に持ち越さないためにはどうしたらいいだろうか? 二…
  • 説明をする医師

    日本には300万人!?〜肝炎のはなし〜

    肝炎と聞くとどのようなことを思い浮かべるだろうか?注射針の使い回しや輸血、薬害によるものだから、現代ではもう関係のない話だと思う方もいるかもしれない。ところが、日本におけるウイルス性肝炎の持続感染者(慢性肝炎)は、B型で…
  • ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s

    急な胃痛の対処法

    実は女性に多い「胃痛持ち」 突然の急な胃痛を経験したことがある方は多いのではないだろうか。 実は、「頭痛持ち」「腰痛持ち」などに並んで「胃痛持ち」は意外と多い。特に、女性の4人に1人は何らかの胃の症状を抱えていると言わ…
  • asian businessman

    新型うつ病とモンスター社員

    新型うつ病 詳細はこちら 1)自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる 2)「うつ」で休職することに対してあまり抵抗がなく、逆に利用する傾向がある 3)身体的疲労感や不調感を伴う 4)自責感に乏しく、問題があると回りの…
  • ベンチに座るシニア

    男性の更年期障害

    男性には、男性ホルモンと呼ばれる『テストステロン』が徐々に低下することで、女性の更年期障害と似ている症状が起こる。これを『男性更年期障害』と呼ぶことがある。 専門的にはLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)呼ばれ、…
  • 危険な血圧の左右の差

    危険な血圧の左右差

    血圧測定 普段あなたは、血圧測定をどちらの腕で行っているだろうか。 「毎回特に意識していない」、「自分で左側(右側)と決めている」など様々かと思うが、血圧は片方の腕ではなく、両方の腕で測ることをお勧めしたい。 とい…

衛生管理者の必携知識

  1. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  2. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  3. nyuugann
  4. AdobeStock_50156371
  5. 疲れ目のサイン
  6. ドライアイ
  7. 落ち込むビジネスマン
ページ上部へ戻る