カテゴリー:労働安全衛生法

  • 育児休暇中の従業員の健康診断

    皆さんの会社で、育児休業中の方はいらっしゃいますか。 定期健康診断の時期に休業されている方がいらっしゃる場合、定期健康診断を受診させるか否かを悩まれるところかと思います。 定期健康診断の対象 Q:育児休業中の従業員…
  • 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

    先日、取引先企業の担当者様より、このようなご質問をいただきました。 「この度新しく従業員50名以上の事業場が出来たのですが、当社では私しか衛生管理者の資格を持っていません。現在本社の衛生管理者として届出されています…
  • 個人情報の保管方法について

    個人情報の保管方法 Q.社員数70名の企業で衛生管理者をしている者です。 労働者と産業医との面談記録を保管(5年間も!)しなければならないのですが、どのように保管するのが望ましいでしょうか?誰かに見られないか?紛失し…
  • 「常時雇用される労働者」とは?

    派遣社員やアルバイト、パートについて 「常時雇用される労働者50人以上」の中には、派遣社員やアルバイト、パートを 含めなければいけません。 通常の常態で、実際に働いている労働者の数(単純に人数)をカウントし、 …
  • 健康優良企業に産業医は必要か?

    先日、訪問した企業様での会話内容をご紹介させていただきます。 Q. 来年度から従業員が50名を超えることになりました。定期健康診断での有所見者やメンタル不調者などは いません。(社員みな健康そのものです!) 産…
  • 責任者個人が訴えられた労災の判決(平成22年)

    責任者個人が訴えられた Q:人事ラインなど「責任者個人」が 労災で訴えられたケースはありますか? A: 平成22年5月25日付、京都地裁の判例をご紹介します。 飲食店従業員(以下Aさん)が急性心不全によ…
  • 第一種免許と第二種免許がありますが。

    Q:衛生管理者の免許を、これから受験します。 うちの会社で選任する場合、第一種と第二種でどちらの免許があれば 選任できますか? A:選任しようとしている事業場の業種は何ですか? 第一種免許であれば、どんな業種…
  • 派遣社員は衛生管理者になれる!?

    今回は、派遣社員の方が働かれている事業場からの2つの質問にお答えします。 Q:正社員数30名と派遣社員30名が常時勤務しています。 産業医、衛生管理者の選任、及び衛生委員会の設置等の義務はありますか? A:…
  • 事業者の安全配慮義務について

    事業者の安全配慮義務 労働契約法(第5条など)の定めにより、労働者の健康(メンタルを含みます)と安全につき、配慮しなければならない義務と責任があります。 会社での働き方(長時間労働やストレス、パワハラなど)が…
  • 深夜業に従事する社員の健康診断について

    深夜業務の健康診断について Q. 深夜に働いています。定期健康診断は昼間に働く社員と一緒で大丈夫? A. 年に2回の健康診断を受ける必要があります。 労働安全衛生規則第十三条第一項第二号という条文では、 …
  • 労働安全衛生法の罰則

    労働安全衛生法の罰則について 月100時間超の残業をした過重労働者がいる場合、 必ず、厚生労働省作成の「疲労蓄積度チェック <厚生労働省のページを参照>」の申告をさせましょう。 その結果、疲労の蓄積がある場合は、翌…
  • 職場巡視は産業医だけがする?!

    職場巡視 労働安全衛生規則 第十五条 産業医は、少なくとも毎月一回作業場等を巡視し、作業方法又は衛生状態に有害の おそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じな ければならない。 …
  • 衛生管理者の資格取得について

    衛生管理者の資格取得について 常時50名以上の従業員が就労されている作業場には衛生管理者の専任が義務付けされています。 (参照:「衛生管理者は、1人いれば大丈夫?」) これは皆様ご存知だと思いますが、意外と知ら…
  • 通勤災害とは

    通勤災害とは、通勤による労働者の傷病等のことです。 労災保険から給付を受けるためには、その災害が「通勤による」ものでなければなりません。 そして「通勤による」ものといえるためには、通勤と災害との間に相当因果関係がある…

おすすめ記事

労働安全衛生

  1. 産業医選任の届出には何が必要?

  2. 業務委託契約の安全配慮義務

  3. 休養室にも設置義務があります!

  4. ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  5. オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  6. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  7. 健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  8. 育児休暇中の従業員の健康診断

衛生管理者の必携知識

  1. 衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  2. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  3. 労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. 人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  5. オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る