投稿者プロフィール

高橋 雅彦

高橋 雅彦株式会社ドクタートラスト 代表取締役社長

1964年生まれ(50歳)1988年早大理工卒後、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)に入行。病院専門の融資課長などを経験し、2004年同行退社。
2004年「医療」と「企業」を結ぶことを目的に「株式会社ドクタートラスト」を設立、社長就任。現在10期目。
趣味は休日のパンづくり。 会社がある渋谷区松濤町会の理事を兼任。

高橋 雅彦一覧

  • ストレスフリーを目指す(2)実践編

    ストレスフリーを目指すのであれば、強くならないといけない あなたの周りにも「ストレスフリー」な人がいるはずです。 きっと自己を確立した素敵な人ではないでしょうか。 人にはオン(戦闘・逃走)とオフ(睡眠・食事・休息)があ…
  • ストレスフリーを目指す(1)逃げないこと

    もっと簡単にストレスフリーを目指すことはできないのだろうか? ストレスを引き起こす要因のことをストレッサー(Stressor)という。 ストレスフリーを目指すのであれば、ストレッサ―を遠ざけたり、逃げるという「消極的で…
  • お酒の飲み過ぎはビタミンB1不足を招く

    お酒の過飲や長時間飲み続けることは、体内のビタミンB1を奪い、その結果、糖質の代謝不足(⇒肥満につながる)や筋肉疲労・神経疲労などにつながります。 翌朝に疲労感が残らない酒量を知ることが大切でしょう。 自分で気づくこ…
  • 産業保健新聞の創刊にあたって

    ごあいさつ 弊社は、「企業で働く人たち」のための健康管理会社です。 毎月、企業に「産業医」や「保健師」が訪問し、健康相談や過重労働者面談、休職・復職判定など労働安全衛生法に定められた業務を行っています。 私たち…
  • 心療内科で大丈夫?

    メンタル急増が招いた「心療内科」の乱立 どこの街でも、駅前には「内科・心療内科」という看板を揚げているクリニックが山のようにある。 メンタルクリニックは、どこも患者で溢れていて、予約を取ろうとしても1か月待ち、2か月…
  • 教育委員会は、なぜ法令遵守ができなかったのか?

    現在、精神疾患にかかりやすい職種の筆頭格は、プログラマーと「教師」「公務員」である。 大阪市内の高校22校のうち、毎月の「産業医」による職場巡視や委員会開催を実施していた高校は1校もなく、 産業医契約はあるものの、産…
  • 長寿世界一の日本(WHO統計)健康寿命は?

    共同通信社 2014年5月16日(金) 配信 世界保健機関(WHO)2014年版の「世界保健統計」によると、2012年の日本人の平均寿命は、 女性が87歳で1位、男性は80歳で8位。 男女合わせると84歳で、世界1位を…
  • 抗精神病薬の処方の適正化

    抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬及び抗精神病薬の処方の適正化 この4月から(H26/4)向精神薬の多剤投与の見直しが行われる。 メンタル疾患の急増を背景に、町のクリニックの中には、『売上向上のために』本来は内科医なのに、専…
  • 向精神病薬の多剤投与問題 見直しへ

    平成26年4月1日から向精神薬(メンタル疾患系の薬)に関し、以前から問題視されていた「多剤投与」が見直しされる。 向精神薬とは、脳内(中枢神経系)に直接作用する薬の総称で、抗精神病薬(統合失調症等)、抗うつ薬、気分安定…
  • 労働安全衛生法とは

    「労働安全衛生法」とは 労働安全衛生法(ろうどうあんぜんえいせいほう;昭和47年6月8日法律第57号)は、労働者の安全と健康を確保するために、事業主が、実施しなければならない、配慮しなければならない義務について定めた法…

おすすめ記事

労働安全衛生

  1. 世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. 時短勤務でも社保険に加入できる!平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します

  3. 「出向社員」に対する安全衛生管理

  4. 労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  5. オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  6. 業務委託契約の安全配慮義務

  7. 育児休暇中の従業員の健康診断

  8. 健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

衛生管理者の必携知識

  1. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  2. 産業医を変更したときの届出

  3. 業務委託契約の安全配慮義務

  4. もし健康診断を拒否する従業員がいたら? 放っておくと罰金??

  5. 健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る